2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリコ

先日、靴下の市に行ったとき、和歌山県日高町の物産コーナーで買った、バリコの干物。

バリコってなんや?と思いつつ、お店のかたが、アジのようで食べやすいですよ、とオススメしてくれたので
買ってきた。



帰ってから、バリコってどんな魚やろう?と
家族が調べてみたところ・・・

バリコとはアイゴの地方名で、Wikipediaによると、
「アイゴ(学名:Siganus fuscescens)とはスズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種である。西太平洋の暖海域に生息する沿岸性の海水魚である。鰭の棘に毒をもち刺されるとひどく痛むが、食用にもなる。
背鰭・腹鰭・臀鰭の棘条は太く鋭く発達していて、それぞれに毒腺を備える。この棘に刺されると毒が注入され、数時間-数週間ほど痛む。刺された場合は40-60℃ほどの湯に患部を入れると、毒素のタンパク質が不活性化し痛みが軽減できる。冬場は肌寒いこともあり痛みが和らぎにくい。アイゴが死んでも棘の毒は消えないので、漁獲したら刺されないようはさみなどでとげを切断しておくのが望ましい。
毒の棘をもつうえに肉が磯臭いので人や地域により嫌われるが、徳島県や和歌山県などでは美味な魚として珍重する。「アイゴの皿ねぶり」(盛り付けた皿を舐めるほど美味い)という言葉もある」(以上、Wikipediaより抜粋、引用)
らしい。

毒?!そんなん聞いてへんだ!
と、ちょっとうろたえる。

でも、美味しいみたいやし、
ヒレの棘に触らないように注意しながら魚焼きグリルに乗せて焼いてみた。

焼きあがり。


食べてみると、少し臭みはあるけどすごく気になるという程ではない。
身は鯛のような鯵のような。
ヒレは焦げ焦げになったので刺さって毒が入るという心配もなさそう。

でも、食べ終わってからが、大変だった。
なんかグリルが匂う!
拭いても洗っても臭い。
ゴシゴシ擦り洗いして、さらに八朔の皮で磨いてみたりして、やっとマシになったけど、
気にし過ぎかもしれんけど、翌日までほのかに匂いが・・・。

こんどからは、外で食べようと思った。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

靴下の市があるの??
楽しそう(*^^*)

そうなん!
今年初めて知って行ってきたよ。
かなりお値打ちやったよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://harunish.blog.fc2.com/tb.php/333-0471ea38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お裁縫教室 «  | BLOG TOP |  » 五條と御所

プロフィール

harunish

Author:harunish
関西地方在住。
日々の出来事の覚え書きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

暮らし (137)
食べる (20)
つくる (78)
習う (54)
出かける 奈良県 (60)
出かける 京都府 (35)
出かける 三重県 (17)
出かける 大阪府 (13)
出かける その他 (18)
未分類 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朝写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。